読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Be Awesome

*SNSでフォローしたい!!国内外のインフルエンサー動画、音楽、写真、絵を探すお手伝いをするサイトです*

【集中力が大事?】エクササイズを習慣化するために観たいYoutube動画*

フォローしたいYoutube 総合コラム(Video) *ヘルスケア・美容

定期的な運動は、最適な健康状態を促進してくれますよね。ただ実際に運動するとなるときついなと思うことが多いとおもいます。今回は、適度な運動をする際に刺激をもらえるYoutubeチャンネルと共に、エクササイズの基礎をご紹介( ´  ` )ノ

"運動する人は、より良く食べ、生産性を高めます。喫煙することも少ないでしょう*

f:id:makmako117:20170225115452j:plain

数字に置き換えてみると意外なことがわかります。1週間に1回の4回のトレーニングは、全体の時間の2.4%にすぎません。そう考えるとトレーニングに費やす時間が意外に少ないかわかるとおもいます。必ずしも1時間のトレーニングをする必要はありません。 WHO(世界保健機関)は、毎日少なくとも30分間の身体活動を推奨しています。

 

日々のエクササイズを持続させるために見ておきたいYoutubeチャンネル動画と基礎内容

1. 毎日できるだけ短く、達成可能な目標で運動を開始する

動画は、簡単に日々できそうなエクササイズの動画です、人ではなくアニメーションで説明されていて気になりました(^^)/

運動を習慣づける時にまず考慮すべきことは、あなたができることから始め、自身に正直であることです。何らかの理由で(仕事、家族、宿題など)運動する機会が減っているかもしれません。今はそれを取り戻す時ですね*

 

2. エクササイズをルーチン化するため、リマインダを設定する

リマインダの機能は単に「忘れない」ことではなく、強い動機付けでもあります。動画の彼のようになる必要は全くありません、というか無理か。。彼が説明している内容は、日々の運動を楽しくするためには、エクササイズ計画が必要だという事です。

慣を形成するための鍵は、計画を持って楽しくエクササイズを行うために、リマインダーを設定するという事です。リマインダは1つまたは複数のリマインダになることがあります。たとえば、紙、携帯電話のアラーム、カレンダーのメモ、家のドアに置いたスポーツシューズなどで喚起することができます。私はもちろんIphoneを使用していますよ*

2002年の英国の調査では、参加者がリマインダをしていたときについては、90%以上が運動を続けたのに対し、リマインダしていなかった人はわずか38%でした。

 

3. 運動直後に前向きになれる報酬を見つける

私の場合は、自分を甘やかしがちなので運動したご褒美に甘いものが欲しくなってしまう事が動画の少年のようにあったりしますw。本当は、運動後のカロリー消費値の半分ほどの報酬でなければなりません。成人女性が1時間走るカロリー消費値はたったの400カロリーという事を考えるとパフェを食べるために2時間走らないといけないですね(ー ー;)

習慣を形成するためには、その場での報酬が必要です。しかし、注意してください!報酬は、自分を甘やかす最大の敵にもなりえます。多くの場合、健康でない食品を食べてしまう主な理由は、「報酬の心理学」として知られていることによるものです。

ポジティブで健康的な報酬のいくつかの例を以下に示します:
・リラックスした温かいシャワー
・好きな香りの石鹸を使う
・冷水、レモンのヒント
・リラックスした分のストレッチ
・新鮮な季節のフルーツ
アロマキャンドル
・あなたの好きな曲を聴く 

 

4. エクササイズによる進歩を日々の記録に残す 

動画のように、最近ではエクササイズする名目によって記録ができてしまうような便利グッズもあったりはしますが、自分で記録するのが一番良いかと思います♪。最近では、私が通っているコナミでも自分のIDをかざすと過去のエクササイズ記録が表示されたりと便利になってきていますね*

人間は細かく日々の日常を記憶することが苦手です。私たちは無意識に惑わされており、私たちがやっている練習やそれをいつ行うかを過度に評価する傾向があります。あなたが行った進歩を誇張せずに実際に見るには、書面でそれを記録しなければなりません。これはまた強い動機づけになります。

 

5. あなたのルーチン化させた運動を楽しい習慣にする

視点を変えて運動を始め、楽しく過ごす時間と考え、エクササイズを習慣にするためにはストレスを和らげる必要がありそうです。あなたの体を動かすには、何千もの方法があります。あなたのライフスタイルに最も適したものを見つけて、試してみると良いですよ。

例えば、サルサのレッスンを受け、サイクリングやローラーブレードをしたり、犬を養子にしたり、遊びに出かけたり、季節ごとのスポーツをするなど。動画の三好さゆりさんのように1日1分でできるエクササイズから1日10分でできるエクササイズ等様々ですが、目標に合致したエクササイズがベストです( ^ω^ )

 

*運動効率を飛躍的に挙げるウィルパワー

今回は、あなたに動機を与えるWillpowerも説明します。ウィルパワーといえば、目からウロコの心理学でも有名なメンタリストDaigoの本を読んだことがある人なら知っているかもしれません。

f:id:makmako117:20170325134038j:plain

人は、人生で起こる様々な出来事に対して気をつかうと、非常に疲れてしまいます。突然の結果を直視できないかもしれません。すでに運動ルーチンできているとしても、何日間か運動すると、長続きしないかもしれません。しかし、ウィルパワーによって集中力を鍛えることができれば、努力が報われやすいと感じます。運動は、あなたの人生の多くの領域に影響を与えます。人によっては、エクササイズの習慣を築くことに集中しなければならず、普段運動していない人は集中力を保つのが難しくなるでしょう。

これがどのように実際の運動と関わっているのか、とあるオーストラリアの例で説明します。2000年代半ばに、2人のオーストラリアの研究者が、時間の経過とともに意欲を強化できるかどうかを確認する一連の実験を行いました。 2006年に発表された最初の研究では、参加者は週に3回運動プログラムを行い。このプログラムは2ヶ月間続きました。わずか2ヶ月後に参加者は、筋肉や心血管系を強化することができ、ほとんどが理想体重に達し、筋肉量が増加しました。

2ヶ月間のプログラムの期間中、精神的に集中力が保てていない時には体重が減量できず、筋肉量も増加しませんでしたが、集中力が保てている時には結果が大きく出たそうです。また、この試験の大きな成果として、主導的研究者によると、運動があなたの意志を高めることができると結論づけることができたそうです。つまり、運動量を増やすと筋肉が強化されるのはもちろんですが、意志力(ウィルパワー)を鍛えることもできるということでした。

運動の習慣があなたの意志を高める、運動を続けている人ならわかるかもしれませんが、運動を続けてウィルパワーを高めることによって、仕事や学業の集中力も増し、結果的に多方面で成果を出せると感じます。